健康生活

健康すっきり生活館

精神的・身体的・社会的にもすっきり爽快!

腸内環境を改善する乳酸菌サプリで免疫力を高めてインフルエンザ予防

 


320944

 

病原菌やウイルスから身を守る最善策。

それは免疫力を上げること。

 

免疫細胞が集中しているのが腸。
この腸内に悪玉菌が増えると体調も悪くなり、病気にかかりやすくなります。

 

腸の中の善玉菌を増やして腸内環境を改善すると、風邪やインフルエンザ予防にも繋がるんです。

 

そして腸内の免疫細胞は、乳酸菌で活性化しましょう!

 

スポンサードリンク

 

 

腸内環境の改善には乳酸菌が効果的

 

近頃よく風邪をひくとか、病気にかかりやすくなったなあと感じる人は、疲れやストレス、偏食に睡眠不足などで免疫力が落ちているんじゃないでしょうか。

 

免疫力の低下はつまり抵抗力の低下です。

免疫力が低下するとインフルエンザのような感染症にかかったときに重症化しやすくなってしまいます。

 

免疫力を高めるには腸内環境を整える

病原菌やウイルスに負けない体を作るには免疫力強化がいいんですが、ただ高めたのでは逆効果になることもあります。

免疫力が上がり過ぎると、花粉などのアレルギーに過剰に反応してしまうからです。

 

肝心なのは、免疫細胞のバランスを上手くとること。

そのためには腸内環境を整えることです。

 

免疫細胞の70%以上が腸内に集中している

腸には100種類以上120兆個以上の腸内細菌が生息していて、その中の善玉菌と言われるグループが免疫細胞を活性化してくれるんです。

 

善玉菌というのがあれば、反対に悪玉菌も存在します。

そしてどっちつかずの日和見菌というものもいるんですが、この日和見菌は非常に数が多く、人間の体調の変化に応じて善玉菌になったり悪玉菌になったりする困った存在です。

 

でも善玉菌優勢になれば善玉菌側についてくれるので、腸内環境はいい方に傾きますね。

 

つまり腸内環境を良くすれば、自然と善玉菌が増え、免疫細胞も活性化するというわけです。

 

乳酸菌が効果的

乳酸菌は腸内の腐敗を防止し、健康にする善玉菌の一種。

 

腸内環境を整えるにはこの乳酸菌を増やすことが望ましいんですが、食品からは少しの量しか摂れず、もともと腸に生息していた菌ではないので増殖しづらいうえ、定着できないまま排出されてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

乳酸菌サプリで免疫力アップ

 

毎日コツコツ摂り続けても、なかなか理想の摂取量に追いつかない乳酸菌。

 

ヨーグルトや発酵食品からだけでなく、サプリメントから摂取する方法もあります。

 

乳酸菌生産物質で腸内の免疫細胞を活性化

善玉菌を増やし、免疫細胞を活性化させるのに有効な物質が「乳酸菌生産物質」。

 

乳酸菌は腸内でアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの体にいい成分を作り出します。

 

乳酸菌生産物質はこれらに死滅した乳酸菌が混ざってできた、乳酸菌の代謝物というわけです。

この代謝物こそが、腸内環境を整え免疫力向上に有効な物質なんです。

 

死滅した乳酸菌も整腸に貢献する

乳酸菌は死滅しても免疫活性力を向上させたり、他の善玉菌のエサになったりと、生きている時より効果が上がるということもわかってきました。

 

つまり乳酸菌は死滅しても、乳酸菌生産物質として整腸に貢献するわけです。

 

ただし、この乳酸菌生産物質、腸内での生産量は非常に少ないというのが難点。

そこで近年、人工的に培養された乳酸菌生産物質が、サプリメントとして登場しました。

 

食品から摂取した乳酸菌は腸内に長くとどまれず、増殖も難しいもの。

でも腸(腸内菌)を介さず、すでに生成されている乳酸菌生産物質を直接摂取すれば、有用成分を余すところなく吸収できるというわけです。

 

 

 

乳酸菌と免疫力 インフルエンザに効果あり

 

さて、気になる免疫力の恩恵、病気・感染予防ですが、ほとんどの場合、免疫力を高めるとウイルスや病原菌には対処できます。

 

免疫細胞の中に、NK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)というものがあり、ウイルスや病原菌と戦ってくれます。

乳酸菌はこのNK細胞を活性化させるので、インフルエンザにも効果ありという実験結果がいくつもでています。

 

そしてこのNK細胞、そもそもがん細胞を攻撃する大きな役割を担っているので活性化すれば、がんの増殖も抑える可能性だってあるんです。

言い換えれば、乳酸菌にがんの予防効果があるともいえます。

 

乳酸菌生産物質で腸内バランスを取ると免疫力も良くなります。

この場合の良くなるとは、免疫性もバランスが取れるということです。

 

偏りがなくなるとアレルギーに対しての過剰反応もなくなり、花粉症やアトピーも抑えられるということですね。

 

 

PR

 

 

まとめ

 

そもそも腸内環境がよくなると便通も良くなり、便秘・下痢も改善されます。

 

便秘の人は腸内に悪玉菌が増えているということ。

悪玉菌が増えると免疫力も落ち、がんのリスクも高まるのでとても怖いですね。

 

悪玉菌を減らすには善玉菌を優位にし、その数を増やすのが一番。

腸を健康にすれば、免疫力が上がると同時にいろんな病気のリスクが自然と減っていきます。

 

 


 

こんな記事も読まれています

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人:かいり 

介護福祉士の資格を持つ管理人、

健康すっきり生活館の館長・かいりです。

仕事で経験したこと、学んだことをメインに実のある情報をお届けしていきます。

〈健康すっきり生活館とは〉 〈自己紹介〉

カテゴリー
最近の投稿
人気記事
アーカイブ