健康生活

健康すっきり生活館

精神的・身体的・社会的にもすっきり爽快!

即効で目の疲れを和らげるツボマッサージ!痛みや吐き気にも

 


目の奥がズーンと重くなったり、うずくような痛みがあったり。

 

テレビやパソコン、スマホやゲームの画面を見る機会の多い現代人にはつきものの症状ですね。

 

私も昔、ゲームのしすぎで目の奥が痛くなったことがあります。

目の奥の痛みと同時にひどい頭痛と吐き気でしばらく苦しみました。

 

目の使いすぎ・凝視することで、目に力が入りすぎて筋肉が硬直。血流も悪化した結果ですね。

 

そうなる前に目を休めるのがいいんですが、これはヤバイなと思ったらツボマッサージや温湿布で目のコリをほぐしてみましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

目からくる頭痛や吐き気を和らげるには

 

即効ツボマッサージ

誰しも目が疲れたり痛くなったりしたら、無意識に眉間やこめかみを押さえるんじゃないでしょうか。

 

目の酷使による吐き気や頭痛、目の疲れ・痛みを和らげるには、目尻から首の後ろにかけてのツボ押しが効果的です。

 

目尻のツボ:瞳子髎(どうしりょう)

首のツボ:天柱(てんちゅう)・風池(ふうち)

 

 

瞳子髎

 

目の外側・骨のくぼんだところにあります。

眼精疲労や、そこからくる頭痛に効くツボです。

 

ここに人差し指から薬指まで3本の指を当てて、後(耳の方)へなでるようにマッサージします。

 

あまりきつく押さえないように、気持ちよくなるくらいまでやってみましょう。

 

同じく目に効く「太陽(たいよう)」というツボがあります。

これは目の疲れやコリをほぐすのに良いツボで、こめかみのへこんだところにあります。

 

瞳子髎と近いのでややこしいですが、瞳子髎は目尻のすぐ横のくぼみ、太陽はそこから親指1本分ほど上部に位置します。

 

 

 

天柱・風池

 

首の後ろ側、髪の生え際にあるツボです。

 

天柱は真ん中のくぼみから指2本分外側に位置し、風池は天柱よりもやや上部にあります。

共に眼精疲労や頭痛、肩こりに効果があります。

 

肩のこりから頭痛や吐き気をもよおすということもあるので、これらのツボ刺激は効果的です。

 

 

瞳子髎や太陽などの目の近くのツボと、天柱や風池などの首の後ろのツボを結ぶライン上(耳の周辺)にも、目の疲れやコリをほぐすツボが集中しています。

 

耳の後や前のくぼみを刺激したり耳全体を手のひらでもみほぐすなどしてみるといいでしょう。

 

 

冷たいタオルを使う

仰向けに寝た状態で目を閉じ、冷やしたタオルを目の上に当てます。

そして両方のこめかみに手を当てて、タオルで擦るようにマッサージします。

 

このとき直接まぶた(目)を刺激しないようにしましょう。

 

 

蒸しタオルを使う

目が疲れたときは、周辺の筋肉が硬くなっている事が考えられます。

こうした筋肉をほぐすのに、蒸しタオルは効果的です。

 

仰向けに寝て、顔に乗せてもやけどをしない程度に温めたタオルやハンドタオルを、目やその周りが覆えるように乗せます。

冷めてきたら温め直して、繰り返し何度か目の周囲をほぐしてみましょう。

 

ただし、目が充血している・目の周りが腫れている・かゆみがあるというときには行ってはいけません。

こんなときは冷やしたほうが効果的です。

 

 

疲れ目には目薬

目の疲れにいい市販の目薬といえば、爽快感を得るものがほとんどですね。

血行を良くして充血を取るのに効果的です。

 

でも、疲れたときにさすとスキッとするからと言って、頻繁に使うのはかえって充血を招くのでよくありません。

 

さすときにはまつ毛に触れないように注意しましょう。

目に近づけすぎてまつ毛や肌に触れると、そこから雑菌が繁殖することもあります。

 

適度に離して、さしたあとはまばたきや目を閉じるなどして、目薬が眼球全体に行き渡るようにするのがポイントです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

目が痛いときの目玉の体操

 

まず、目を軽く閉じて両手で覆います。

光を感じない状態からしばらくしてスタート。

目を閉じたまま、瞳子髎のマッサージと同じ、こめかみを指で押さえて耳の方向にマッサージします。

 

十分にマッサージできたら、次に両手であごを支えます。

目は閉じたまま、目を左右に8~10回ほど動かします。

次に左回し、右回しと、これも8~10回ほど行いましょう

 

目のストレッチはこちらで解説しています。

関連記事⇒パソコンによる目の疲れを簡単手軽に解消

 

 

頭皮マッサージも効果アリ?

目を酷使していると頭部の筋肉も硬くなったり血流も悪くなったりして、より目の疲労が激しくなります。

ひどくなる前に頭部の血流をよくしてやれば、目も疲れにくくなります。

 

頭頂部を刺激して育毛というのと同じように、ヘアブラシを使って軽くトントン頭を叩いてやるだけです。

 

とくに頭のてっぺんから、おでこの上から指4本分くらいの箇所を重点的に刺激してやると効果的です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

さいごに

 

ツボ刺激は特別な道具もいらないし、いつでもどこでもできるので「目が疲れる前・目を使いすぎる前」に、マメに行うといいですよ。

 

何にせよ、パソコン・スマホ・ゲーム画面の見過ぎは疲れ目の悪い原因です。

 

私のように目の奥に痛みを感じたら、マッサージだけでは改善されないことになるかもしれません。

 

痛みがひどいときには眼科を受診しましょう。

眼球に障害がでたら、もとに戻らなくなることもあるので要注意!

 

 


 

こんな記事も読まれています

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人:かいり 

介護福祉士の資格を持つ管理人、

健康すっきり生活館の館長・かいりです。

仕事で経験したこと、学んだことをメインに実のある情報をお届けしていきます。

〈健康すっきり生活館とは〉 〈自己紹介〉

カテゴリー
最近の投稿
人気記事
アーカイブ